SEO対策の要は、被リンク(バックリンク)です。


by seo-link
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ビジネスをずーとやっていると、世の中の現実が見えてきます。
「あー、こうなっているのか世の中は^^;」といった事が、自分でビジネスをやっていると色々見えてきます。

企業家トンちゃんは、高い理想を掲げてビジネスを行っております。
ただ、その理想を現実化させるには、結構な障壁が世の中にはあります。

日々、現実と理想がぶつかりあいながら自分のオフラインビジネスとオンラインビジネスを固める日々です。
そういった現実の中の一つに需要と供給と価格というものがあります。

「需要と供給のバランスで価格は決まる」という世の中の現実です。
顧客に提供した価値に基づいて製商品・サービスの価格が決まる事は世の中まず無いです。

貴方が購買した製商品・サービスの”価値”が3千円であっても需要が供給に勝れば市場では1万円で取引されるのです。
当たり前の話に聞こえるでしょうが、提供した価値に基づいてプライシングしているSEO業者トンちゃんとしては、この需要と供給のバランスで価格が決まるという現実に色々な心の葛藤を抱えております。

今、トンちゃんのSEOサービスの需要は以前よりも遥かに高くなっておりますので、SEO料金を引き上げる事は可能です。
「価格は需要と供給のバランスで決まる」という法則に従うなら、値上げをすべきなのは明らかなのですが、頑固商売人のトンちゃんとしてはここで悩むわけです。
トンちゃんは顧客に提供した価値に基づいてプライシングをしている為、提供している価値以上の価格をサービスに付けたくないのです。

しかし、需要供給バランスに合わせプライシングすれば経営が楽になるのは明らかです。
もっと、SEOサービスの質を上げる事も可能になるのも分かっております。
なんですが、悩むのです。
「顧客に提供した価値に基づいてプライシングする」という自分の経営哲学に反する行為に手を出すべきなのか?

答えは分かっております。
でも、悩みます。
需要と供給のバランスで価格が決まるのはビジネスの世界では当たり前ですから。
提供した価値に基づいてプライシングするなら、「トンちゃん検索上位表示」サービスは月額7000円が現段階での限度です。
しかし、1万円以上にしても顧客が付く事も分かっています。
だから、悩むのです。
サービスの質は1万円にすれば上げられます。
しかし、自分の経営哲学に反するのです。

By 経営者 トンちゃん

私は光ファイバが登場した初期から自分の研究所で光ファイバ(NTTフレッツ光)を使っております。
しかし、光電話は使わずにいました。
最近は顧客からの「電話対応」の需要が高まっているので、各事業別で1個ずつ電話番号を取得しようかと考えております。
光電話は月額500円で最大月900円の支出で5つまで番号を取得出来ます。
東京の住所なら東京03がです。
この辺がADSLに無いメリットです。
フレッツ光ADSL 光フレッツ光キャンペーン光 キャッシュバック

岩手県の名物・観光地・温泉ならここ
岩手県の観光地岩手県の温泉

高品質なテレビスタンド用のリビングボードやテレビ台用のローボードを工場直販価格で通信販売
テレビ台 ローボードテレビスタンドリビングボード
[PR]
by seo-link | 2010-05-31 12:51 | コンサルティング