SEO対策の要は、被リンク(バックリンク)です。


by seo-link
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

記事『「TOEIC」「簿記」「Office検定」 新社会人が取得したい資格 』によると、新社会人が取得したい資格のトップはTOEICだようだ。続いて、簿記、マイクロソフトオフィススペシャリスト(OfficeSpecialist)の順だそうだ。

昨今、若者の質が落ちてきているというが、これを見る限りではそんな事はなさそうだ。
三つとも生活全般で応用が効く資格だ。

TOEICつまり英語を強化すれば、ネット上に存在する多くのカタカナ語の意味が分かるようになるから読解力が格段に増す。
IT知識は、21世紀を優位に生きる鍵であるが、そのITを理解し使いこなす能力が英語強化により高まる。

簿記も、家計簿作成・家計簿管理能力の向上に役立つ。
家計簿は通常というか、ほぼ100%家庭の簿記でももって記入し管理される。
それが、簿記を学ぶ事で企業の簿記でもって家計簿に取引を記入し管理するようになる。
簿記を学んだ場合の一番大きな変化は、家庭の簿記(単式簿記)から企業の簿記(複式簿記)で家計簿に記帳するようになる事だ。
全ての取引を一つの側面ではなく、二つの側面から見られるようになる違いはとても大きい。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(OfficeSpecialist)は、マイクロソフトのオフィス製品の知識とスキルを試す資格だ。
マイクロソフトオフィス製品は、ほとんど英語というかカタカナ語のオンパレードである。
英語がまるで分からない人にはマイクロソフトオフィス製品の知識やスキルの習得は難事中の難事だろう。
オフィス製品の知識やスキルの習得も結局の所、英語が出来るかどうかに行き着く。

ざっと、上位三つの資格を俯瞰してみたが、今の新社会人は何が大切か「見えてる」よね。
すごいと思った。

SEO対策ホームページ制作検索エンジン登録代行SEO対策Bing SEOホームページ作成検索上位Yahoo!ブックマークYahoo SEOホームページ作成Yahoo Google Bing SEOホームページ制作検索エンジン登録代行
[PR]
by seo-link | 2009-07-30 15:12 | コンサルティング
>WEB制作とWEBシステム
で上位表示できますでしょうか
サイトは作り変える前提で

仮にも弊所はSEOのプロですので、どんなキーワードであろうと上位表示出来ないキーワードはありません。
但し、対策していないので何とも言えませんが「Web制作」というキーワードは別格だと思います。
日本中の全てのWeb制作業者(つまりホームページ制作業者)と競合するキーワードだという事を意識して頂けたらと思います。
やってみないとなんとも言えませんが、場合によっては弊所の別のサービスも併用して上位表示までに掛かる期間を短縮する必要があるかもしれません。

とりあえずは、7000円サービスだけで複数月試してみて、その上でどうするか考えればと思います。
7000円サービスだけで戦えそうならば、7000円のサービスだけで上位表示を達成するにこした事はありませんので。
依然お話した別のシステム会社様のキーワードも、すでにGoogleで10位台(YSTでも10位台)まで来てますので7000円のサービスだけ戦えるかもしれません。
5キーワード・5URLの枠を上手く利用して、スモールな購買目的キーワードも絡めて対策していけば問題無いと思います。
その辺については前回お話したとおりです。

>下記 3サイト制作中ですが

残りの3サイトに関しては、「Web制作」というビッグキーワードと比べると難易度はかなり落ちますので問題無いと思います。
宜しくお願い致します。

By SEOコンサルタント トンちゃん

検索エンジン対策検索上位上位表示外部リンクバックリンク被リンクSEO料金SEO実績よくある質問・Q&A問合せ・申込みSEO東京検索上位表示
[PR]
by seo-link | 2009-07-30 14:30 | SEO対策コンサルティング
>1URLでトップからのSEOでWEBシステム WEBシステム構築 WEBシステム開発の3ワードで対策するにはどうしたらいいでしょうか?

上記3つでの対策行う場合は3つの中でどのキーワードを優先するか?という優先順位は決めて頂く事になります。

3つのキーワードで対策する事は可能ですが、外部リンク対策を行う時に問題も発生します。
外部のサイトからリンクを張るにあたって、1サイトの全ページからリンクを貴トップページに張る時には、優先順位の高いキーワードでリンクする事になりますので、残りの2キーワードでリンクが張れません。
そのため、残りの2キーワードは中々順位が上がらなくなります。
ですので、理想は5URLにそれぞれキーワードを割り当てて対策する事です。
その方が、より早く5キーワードでの順位は上がってきます。

『トップページが対策キーワード「Webシステム構築」でGoogleで5位以内に入ったら「Webシステム開発」に対策ワードを差し替えてトップページのSEO対策を行う』といった基準を設けて集中的な対策をしたほうが弊所SEOサービスを利用した時の1カ月当たりのリターンは大きくなると思います。
しかし、弊所の提案通りのキーワードとURLの選定をする必要はございません。
貴殿が対策してみたいキーワードとURLでやってみるのが一番良いと思います。

弊所のサービスは月の途中で対策URLやキーワードの差し替えも自由な為、最初は難易度の低そうなキーワードで対策をスタートし、サイトの評価を高めながら徐々に難度の高いキーワードに切り替えて対策して行くのも一つのやり方ではあります。
「トップページURLにて、競争のゆるそうなキーワードで多数の1位表示を蓄積して売上を上げる」というのも一つの戦略です。
弊所のお客様の中には、トップページではビッグキーワードに拘りつつも、サブページのSEOでは競争のゆるそうなキーワードを見つける事に注力していらっしゃる方々もおります。
本当にゆるいキーワードを発見した場合は、一か月以内に1位表示されたり3位内表示される事が多いので、月間検索数が極少であっても売上は上がるというわけです。

一方で、ビッグキーワードSEO一本に集中し上位表示を達成しているお客さまもおります。

やり方は企業それぞれ、人それぞれでございます。

By SEOコンサルタント トンちゃん

ネット広告代理店SEM対策SEM会社SEM代行

SEOサービスSEO会社SEO激安SEO低価格検索エンジン登録代行SEOコンサルティングSEO費用SEO格安
[PR]
by seo-link | 2009-07-30 14:27 | SEO対策コンサルティング
>例えば 1URLでトップからのSEOで
WEBシステム WEBシステム構築 WEBシステム開発 
それぞれでロングテールで可能でしょうか

可能です。
上記3キーワードで上位表示は可能です。
各キーワードで順位を上げるには、外部のサイトからそれぞれのキーワードでリンクを受ける必要があります。
この、外部から受けるリンクを被リンクと呼びます。
被リンクで重要なのは、この外部サイトからリンクされる時のリンクに記述される文字列(テキスト)です。(※リンクのテキストをアンカーテキストと呼ぶ)
基本的には、この外部からのリンクで「Webシステム」でリンクを多数受ければ「Webシステム」で順位が上がり、「Webシステム構築」でリンクを多数受ければ「Webシステム構築」で順位が上がってきます。

検索エンジンは一つのURLに対して「Webシステム」で対策を行うと「Webシステム構築」で評価を落とすというような相対的な評価付けはしておりません。
特に今後のSEOの主流となるGoogle検索では「Webシステム構築」で順位を上げるには、「Webシステム構築」というキーワードでどれだけ外部サイトから評価を受けているか?(つまり被リンクを獲得しているか?)が重要となります。
「Webシステム開発」であれば「Webシステム開発」でどれだけ外部サイトから評価を受けているか?という絶対基準で評価が下されます。
ですので、トップページを複数のキーワードで上位表示させる事は可能です。

但し、Yahooの場合は事情が違います。
Yahooには厳しいペナルティというものがありますので、外部のリンクの大半が「Webシステム」というキーワードのみのアンカーテキストだと逆に順位が落ちる事があります。
また、Googleにもペナルティはあります。
上記3つで対策した場合は、どのキーワードにも「Webシステム」が含まれる為、上手に対策をしないとGoogleでも「Webシステム」というキーワードでペナルティを受けて順位を落とす可能性はあります。

By SEOコンサルタント トンちゃん

SEO実績上位表示検索上位検索エンジン最適化SEO キーワード検索エンジン登録代行SEO 東京SEOサポートSEOプロSEOセミナーインターネット広告代理店SEM
[PR]
by seo-link | 2009-07-30 14:22 | SEO対策コンサルティング
最近良く思うんだけど、アメーバ゙がカテゴリー別RSS に対応してくれたらどんなに便利かと。
私は、巡回頻度の高いブログやサイトのカテゴリー記事をIE8でフィード(RSS )登録している。
巡回頻度が高いブログでも欲しい情報が常に投稿されるわけではない。

特に、私のメインSEO対策ブログ のようにカテゴリーが多数あるようなブログが更新した場合、RSS ページにアクセスしても興味の無いカテゴリーの記事が新規で投稿されただけで無駄足になることがよくある。
相手のブロガーが発信するすべての情報に関心を示すなんて事はまずあり得ないわけで^^。

そういった意味でまだ、無料ブログは発展の余地がある。
カテゴリー別RSSに対応してないから。
私のメインSEO対策ブログなんか、40個以上カテゴリー(アメブロのサイドバーのテーマの事)があるから。

カテゴリー「SEO対策 」の部分だけ更新されたら読みたいって人はいると思う。
カテゴリー「Internet Explorer 8 」だけ更新されたら読みたいって人もいるはず。
私のメインSEO対策ブログを読んでくれているリピーターさんでも全ての記事に興味ある人なんて居ないだろう。
居たらうれしいけど。私と全く価値観が同じって事だから。
居たら一緒にビジネス(事業)やるよ。楽しいだろうね。間違いなく。

話がそれたが、無料ブログがカテゴリー別RSS に対応したら、情報収集がかなり効率化される。
アメブロにぜひやって頂きたい部分だ。
アメブロとしてはPV(ページビュー)が減ってしまうから、旨みは無いかもしれないが。
RSSで見てるリピーターさんにはメリットがあるんで・・。

主要な無料ブログがカテゴリー別RSSに対応してくれたら皆が恩恵受けるんだが。
だが、カテゴリー別RSSに全ての無料ブログが対応するようになったら、「新聞」は大変な事になりますな。
さらに、購読者は減るだろう。
IE8のフィード(RSS)が新聞の代わりになるんで。

自分に最適化させたフィード(RSS)情報は、速報性、役立ち度、詳しさ、面白さ等すべてにおいて新聞に勝る。
フィード(RSS)は得たい情報を自分好みにカスタマイズできる自分だけの新聞だ。
フィード(RSS)が自分新聞(MY新聞)を作る為に存在すると言っても言い過ぎではないだろう。
「今の自分にすぐ役立つ情報だけを表示する」という基準でフィード(RSS)登録を最適化すれば、それがどれだけ自分の人生に良い影響を与えるか予想がつくだろう。
RSSがもたらす情報が本当に自分の人生を変えて行くだろう。

IE8のフィードに限らず、ブラウザベースで提供されているオンラインRSSリーダーはMy新聞として、今後さらに重要度が増して行くと思う。
IE8のエクスプローラバーのフィード欄もまだまだ改善の余地がある。
例えば、フィード(RSS)登録した「トンちゃんウェブログ」にマウスオーバーしただけで、新規投稿された記事の見出し一覧が表示されるようにするとか。
私は良く「フィード(RSS)」について記事を書くが、それは「フィード(RSS)」が人生を良い方向に変えて行く鍵になる事を「知っている」からだ。

SEO対策Yahoo SEOSEO対策業者YahooブクマYahoo SEO対策SEM SEO検索エンジン対策検索SEOYahoo SEOSEOブログSEO対策上位表示
[PR]
by seo-link | 2009-07-29 16:38 | コンサルティング
不景気の波が都心部のサービス業にも押し寄せている。
読者の中にもいるんじゃないだろうか。
給料の一部がカットされたり、全部カットされてしまった人が。
もしくは突然クビとか。

給料が払われていても、所属企業が外部企業への債務履行を滞らせるようになったら危険信号だと思ったほうが良い。
たぶん、その会社は近い将来倒産する。
もって1年くらいだろう。

企業会計にある程度精通している人なら、所属企業の月次決算や残高試算表などから自分の企業が危険な状態なのかどうか予測出来るはずだ。
いつ頃倒産するかだとか、いつ頃から給料が支払えなくなるかなど。
だだ、多くの人は月次決算や残高試算表を読めないだろう。

じゃぁ、どこで所属企業が危ないと判断すべきか?
「対外債務の履行が滞り始めた時」である。
対外債務の履行が滞ればすぐに社内にその情報は広まるだろう。
情報が広まらない会社なら日頃からそういう情報を握っている人と仲良くしておく必要がある。

できれば、対外債務の履行が滞り始めた段階で転職活動を始めたほうが良い。
いきなり会社が倒産しても十分な貯金のある方なら問題無いだろう。
じっくりと転職活動をする資金体力があるわけだから。
ただ、現在貯金ゼロって人もいるはずだ。
統計上はそういう人は増えている。
貯金ゼロ世帯の方は、対外債務が滞った時点、つまり黄色信号が灯った時点で転職活動を始めるべきだ。
そして、決まり次第職場を移るべきだ。

債務履行が滞って半年も経てばもう、その企業は倒産一直線の赤信号だ。
赤信号が灯ると、いきなり給料一部カットだとが、全額カットの仕打ちを受ける事になるだろう。
そうなると、貯金ゼロ世帯の方は転職活動すらできなくなる。
資金体力がゼロだからだ。
転職活動には金と時間がかかる。
移動代、写真代、スーツ代、美容院代など普段必要としない出費がいきなりのしかかる。
採用されるまでに多くのプロセスを経るので時間も必要になる。
その期間中も当然、生活費はのしかかる。
いきなり給料が未払いになったら転職活動費用を捻出出来ない。
結果として、転職活動すら出来ないわけだから、ホームレスになる。

貯金ゼロ世帯の方は、対外債務が滞り始めたらすぐに転職活動を始めるべきだ。
企業への忠誠心だとか、愛着だ等ときれい事を言っている場合では無い。
自分の人生あっての企業だ。
自分の人生あっての忠誠心だ。
自分の人生あっての愛着だ。

以下二つの考えが重要だと思う。

所属企業に黄色信号が灯ったら転職活動を開始する。
「生きる」を最優先する。
貯金ゼロ世帯の方で、「私の所属企業は黄色信号だけど大丈夫だよ。うちの企業に限っては大丈夫!」等と思っている人がいるなら痛い目に遭うだろう。

インターネットSEOBuzzurl Yahoo SEOSEO対策ホームページSEOホームページSEO対策
上位表示宝塚歌劇団加齢臭 シャンプー加齢臭加齢臭 サプリメント加齢臭 石鹸
[PR]
by seo-link | 2009-07-07 21:07 | コンサルティング
二日連続で日経新聞を読んだんでそのことを少し。
実は最近新聞を読まなくなっている。
なんでかって言うと、あまり役立つ情報が見当たらないから。

「経営に役立つ情報はあるか?」というテーマを先ず持って、それから新聞を開く。
んー・・・。
無いなぁ。本当に役立つ情報が無いのである。
昔は面白くて毎日読んでたんだけど。
はっきり言って、特定の業界情報を集めようとしたら新聞では話にならない。
情報がちょっと足りないとかってレベルでは無い。全く足りない。
こういう事言うと、「新聞は社会や経済全体を俯瞰するための物だから大体で良いのよ」って反論が来るんだが、本当に新聞で社会や経済全体を俯瞰できるのかね?
不可能に近い気がするけど。

たぶん、他の新聞でもそうなんだろうけど、どうも新聞はITに疎い。
インフォメーション・テクノロジーに疎いという印象を持ってしまう。
読んでると、すごく感じるの。
昨日、今日と日経新聞読んで一番感じた事は現在進行しているITの具体的な情報がほとんど無い事。
何?ITは社会や経済じゃ無い?
馬鹿な事言うもんじゃない。
ITを抜きをにしてどんな経済や社会が語れるというのか?

今の社会現象や経済問題のほとんどはITから来ているじゃないか。
ITが社会や経済を主導しているんだ。
どう考えたってそうだ。

とにかく、日経新聞を久しぶりに読んで、自分が「逆浦島太郎」になったように感じた。
新聞大丈夫か?って本当に心配してしまった。
新聞は浦島太郎状態になってやしないかね。
新聞は社会や経済を俯瞰出来ていない。
そう思った。
なんか、離れ小島みたいな・・・。
新聞離れが進んでいる理由がすごく分かった気がした。
もっと、ITについての具体的な話題取り込まないとダメじゃないか?
経済問題や社会問題をもっとITの視点で切らないないと俯瞰出来んと思うよ。

昨日の日経新聞に新聞は社会と個人の連結点みたいなことが書いてあったけど、トンちゃんはそうは思わない。
新聞の中で展開されている内容と現実社会の間には大きなギャップがあると感じてるから。
大きなギャップがあったら連結点にはならんよ。
連結点の役割を十分に果たせて無いから新聞離れが進んでるんだと思うけど。
ギャップが無かったら新聞離れは進行しないでしょ。
一言で言うと「ズレてるんじゃないか?」って事。
そのズレに敏感な人から我先にと新聞から離れて行ってるのが現実だと思いますがいかがでしょうか?

SEO対策Yahoo seoGoogle SEOYahoo!ブックマークYahoo SEOBing SEOSEO業者SEO対策Yahoo SEO上位表示Buzzurl Yahoo SEO
[PR]
by seo-link | 2009-07-04 21:23 | コンサルティング