SEO対策の要は、被リンク(バックリンク)です。


by seo-link
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

1URLで3キーワードの上位表示は可能でしょうか?

>例えば 1URLでトップからのSEOで
WEBシステム WEBシステム構築 WEBシステム開発 
それぞれでロングテールで可能でしょうか

可能です。
上記3キーワードで上位表示は可能です。
各キーワードで順位を上げるには、外部のサイトからそれぞれのキーワードでリンクを受ける必要があります。
この、外部から受けるリンクを被リンクと呼びます。
被リンクで重要なのは、この外部サイトからリンクされる時のリンクに記述される文字列(テキスト)です。(※リンクのテキストをアンカーテキストと呼ぶ)
基本的には、この外部からのリンクで「Webシステム」でリンクを多数受ければ「Webシステム」で順位が上がり、「Webシステム構築」でリンクを多数受ければ「Webシステム構築」で順位が上がってきます。

検索エンジンは一つのURLに対して「Webシステム」で対策を行うと「Webシステム構築」で評価を落とすというような相対的な評価付けはしておりません。
特に今後のSEOの主流となるGoogle検索では「Webシステム構築」で順位を上げるには、「Webシステム構築」というキーワードでどれだけ外部サイトから評価を受けているか?(つまり被リンクを獲得しているか?)が重要となります。
「Webシステム開発」であれば「Webシステム開発」でどれだけ外部サイトから評価を受けているか?という絶対基準で評価が下されます。
ですので、トップページを複数のキーワードで上位表示させる事は可能です。

但し、Yahooの場合は事情が違います。
Yahooには厳しいペナルティというものがありますので、外部のリンクの大半が「Webシステム」というキーワードのみのアンカーテキストだと逆に順位が落ちる事があります。
また、Googleにもペナルティはあります。
上記3つで対策した場合は、どのキーワードにも「Webシステム」が含まれる為、上手に対策をしないとGoogleでも「Webシステム」というキーワードでペナルティを受けて順位を落とす可能性はあります。

By SEOコンサルタント トンちゃん

SEO実績上位表示検索上位検索エンジン最適化SEO キーワード検索エンジン登録代行SEO 東京SEOサポートSEOプロSEOセミナーインターネット広告代理店SEM
[PR]
by seo-link | 2009-07-30 14:22 | SEO対策コンサルティング